アジア証券市場でコスト圧力増大の恐れ、デフォルト増も-S&P

米格付け会社大手スタンダード・アンド・ プアーズ(S&P)は8日、アジア太平洋地域の株式・信用市場では来年コスト 圧力の増大から、デフォルト(債務不履行)が拡大したり、株価急落を招く恐れ があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。