米モルガンS:サブプライム評価損は4170億円-利益見通し下方修正

米証券大手モルガン・スタンレーは7日、メ リルリンチとシティグループに続き、米国のサブプライム(信用力の低い個人 向け)住宅ローン関連資産での評価損について公表した。信用市場については、 9月時点よりも悲観的な見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。