伊勢丹:中間純利益39%減、商品券引当金で-通期は上方修正(3)

伊勢丹が8日発表した中間期の連結決算によ ると、純利益は前年同期比39%減の56億5000万円だった。未使用の商品券に対 する回収損引当金を特別損失として計上したことなどが響いた。ただ、本業の百 貨店事業などは順調で、中間期の実績が計画を上回って推移したことから、通期 (2008年3月期)の連結業績予想は上方修正した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。