香港株(午前):ハンセン指数2%上昇-CnoocやCモバイル高い

午前の香港株式相場は上昇。原油相場が過去 最高値を更新するなか、中国海洋石油(Cnooc、883 HK)をはじめ石油株が 買われた。

プリンシパル・アセット・マネジメント・アジア(香港)の運用担当者、ビ ナイ・チャンゴシア氏は「国際原油相場を見ると、市場参加者は供給が需要に追 いつかないと言っており、アナリストによる石油セクターの投資判断などの引き 上げが増えている」と指摘。「石油を生産する能力がある企業の株は希少価値の ためにバリュエーションが切り上がってきている。われわれもこれらの銘柄を引 き続き前向きに評価する」と述べた。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

597.60ポイント(2%)高の30035.73。ハンセン中国企業株(H株)指数は

1.8%高の18819.08。

Cnoocは4.7%上昇。携帯電話サービス大手のチャイナ・モバイル(中 国移動、941 HK)は2.3%高。ゴールドマン・サックスによる目標株価引き上げ を好感した。

一方、パソコン世界3位のレノボ・グループ(992 HK)は6.1%安。TPG などの投資会社がレノボ株を最大で3億6800万米ドル分売却しようとしている ことが明らかになった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE