米AIGの7-9月期決算:27%減益-住宅ローン関連損失響く

【記者:Hugh Son】

11月7日(ブルームバーグ);保険最大手の米アメリカン・インターナシ ョナル・グループ(AIG)が7日発表した2007年7-9月(第3四半期)決 算は、前年同期比27%減益となった。住宅不況のあおりを受け、住宅ローンの 保証ビジネスなどで損失が生じた。

発表資料によると、純利益は30億9000万ドル(1株当たり1.19ドル) となり、前年同期の42億2000万ドル(同1.61ドル)から減少した。実現投 資損失とデリバティブ(金融派生商品)の評価額変更を除いたベースの利益は 1株当たり1.35ドルとなり、ブルームバーグがまとめたアナリスト15人の予 想平均を27セント下回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE