米国株:大幅反落、ダウ360ドル安-住宅ローンめぐる調査拡大を嫌気

米株式相場は大幅反落。米ニューヨ ーク州司法長官が住宅ローン金融をめぐる談合問題で調査を拡大したこ とが明らかになったことに加え、自動車最大手、ゼネラル・モーターズ GM)が7日発表した7-9月(第3四半期)決算は創業以来最大の赤 字だった。またドルも大幅下落した。

米S&L(貯蓄・貸付組合)最大手のワシントン・ミューチュアル は過去20年間で最大の下げ。NY州のクオモ司法長官が同行の住宅ロー ン評価には「談合パターン」があると述べたことが嫌気された。ファニ ーメイは2005年以来最大の下げ、フレディマックは7年ぶり安値を付け た。クオモ長官が両社に召喚状を送付したことが悪材料だった。

S&P500種株価指数終値は前日比44.65ポイント(2.9%)大幅安 の1475.62。ダウ工業株30種平均は同360.92ドル(2.6%)下落し

13300.02ドル。ナスダック総合指数は76.42ポイント(2.7%)下げて

2748.76で終了した。ニューヨーク証券取引所の騰落率は約1対12。

クローバー・キャピタル・マネジメントで26億ドル相当を運用する マシュー・カウフラー氏は「金融セクターでさらに悪いことが起こるの か。ドルは続落するのか。こうした問題に市場は反応している」と述べ た。

サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン市場の混乱で金 融株は年初来18%下落しており、米連邦公開市場委員会(FOMC)は 利下げに踏み切った。また、ドル売りも加速している。主要6通貨バス ケットに対するドル指数は7日、過去30年間で最安値に下落。中国当局 は、1兆4300億ドルの外貨準備高の一部をより強い通貨に振り向ける計 画を明らかにした。

クオモ長官の調査拡大

S&P500種の業種別10指数はすべてが前日比1%超下落した。金 融株指数が過去5年間で最大の下げとなったことが圧迫した。

ワシントン・ミューチュアルは前日比17%と急落し、2000年6月以 来の最安値。クオモ長官は談合パターンを指摘した上、ファニーメイと フレディマックに買い取ったローンの詳細を提出するよう要請している。

これとは別にワシントン・ミューチュアルは住宅価格が08年も引き 続き低下するとの見通しを示すとともに、一層の貸倒引当金を準備する 必要があると表明。同社は新規の米住宅ローンが08年には総額約1兆 5000億ドルとの見通しを示した。業界予想は2兆ドルだった。

ファニーメイは前日比10%安。フレディマックは同8.6%下げた。 両社は指摘された評価方法の調査のため社外の調査官を指名すると表明 した。

GMは6.1%安と、年初来最大の下げ。GMが7日発表した7-9 月(第3四半期)決算では、純損失が390億ドル(約4兆4000億円)に 達した。繰り延べ税金資産の取り崩し分390億ドルを非現金経費として 計上したことが響き、創業以来最大の赤字を記録した。1株当たり損失 は68.85ドル。前年同期の損失1億4700万ドル(1株当たり26セン ト)から赤字幅が大きく拡大した。

クレジットカード発行大手のキャピタル・ワン・ファイナンシャル は前日比16%安。住宅ローンやクレジットカード絡みの不良債権コスト が予想を上回るとの見通しを示した。モルガン・スタンレーのアナリス ト、ケネス・ポスナー氏は、クレジットカード会社で米3位のアメリカ ン・エキスプレス(アメックス)も損失見通しを修正せざるを得なくな る可能性があると指摘した。アメックスも下げて引けた。

シティグループも安い。03年3月以来の安値を付けた。シティグル ープと英銀HSBCホールディングスは、格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスから、傘下の運用会社の債務について格下げの 可能性を通知された。

ゴールドマン・サックス・グループとモルガン・スタンレーもそろ って下げた。

デーナ・インベストメント・アドバイザーズ(ウィスコンシン州ブ ルックフィールド)で資産運用に携わるジョゼフ・ベランス氏は「銀行 や主要な証券会社のすべてでサブプライムをめぐる懸念が広がってい る」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE