NY外為:ドルが対ユーロで最安値、中国の外貨準備多様化示唆で(2)

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロ に対して下落。一時は最安値をつけ、対英ポンドでも1981年以来の安値まで 下げた。中国の当局者が同国の保有する1兆4300億ドルの外貨準備の構成多 様化計画を示唆したためドル売りが広がった。

ドルはカナダ・ドルに対しても1950年の固定相場制終了以降で最安値を記 録、対豪ドルでは23年ぶりの安値だった。ニューヨーク商品取引所(NYB OT)のドル指数は75.077と、1973年3月の指数導入以来の最低をつけた。

パトナム・インベストメンツ(ボストン)で290億ドルの資産運用に携わる パレシュ・ウパダヤ氏は、「ドルの大幅な売りは、海外中央銀行が外貨準備の 多様化を加速させ、ドル離れが起こるとの懸念が背景だ。ドル売りの勢いは根 強く、年内にドルはさらに下落するとみている」と語った。

ニューヨーク時間午後3時55分現在、ドルはユーロに対して0.5%下落して

1.4624ドル。一時は最安値の1.4731ドルを記録した。対円でのドルは9月7日 以降で最大となる1.7%下落して112円80銭。円はユーロに対して1.2%上げて 164円96銭。欧米での株安を受けてトレーダーが円キャリー取引を解消したの が背景。

ドルはスイス・フランに対しても1ドル=1.1258スイス・フランと、1995年 以来の安値をつけた。

人民元の上昇

一方、人民元は対ドルで上昇し、2005年7月のペッグ(連動)制廃止後の最 高値を更新した。中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会の 成思危副委員長が同日、北京で開かれた会議に出席し、ドルについて「世界通 貨としての地位を失いつつある」と述べ、「われわれは、より強い通貨を、よ り弱い通貨よりも選好する。適切に再調整していく」と続けた。

中国の米国債保有高は今年8月までの5カ月間で5%減少して4000億ドル だった。米国債の保有高では中国は日本に次いで世界2位。

米財務省が10月16日に発表した統計によると、外国の政府と投資家が保有 する中長期金融資産額は8月に693億ドルの純減を記録した。売り越し額は過 去最大。前月は195億ドルの買い越しだった。

ポールソン米財務長官の2006年7月の就任以来、ドルは貿易加重平均ベー スで主要6通貨に対して約12%下落した。このうち人民元はドルに対して

7.4%上昇し、円は同1%上昇した。

米議員らは中国が輸出拡大のために為替レートを意図的に低く抑えていると 批判、米上院財政委員会は今年7月、中国に人民元相場の一層の柔軟化を求め る法案を承認した。

財務省のブルックリー・マクロフリン報道官は7日、ポールソン長官の為替 に対する姿勢について、10月30日に訪問先のインド・ムンバイで示した強い ドル支持から変わっていないと述べた。

貿易戦争

今年に入りドルがユーロに対して11%下落したことから、米輸出品の競争力 が高まり、8月の米貿易赤字は576億ドルと、今年1月以来の最小だった。

米国を訪問しているサルコジ仏大統領は議会で、米政府がドル下落の流れを 止めなければ貿易戦争を引き起こす恐れがあると語った。

ドル下落の影響でニューヨークの原油先物は最高値を更新し、金は27年ぶ り高値を記録するなど、商品相場が上昇している。

カナダ・ドルは米ドルに対して一時、1カナダ・ドル=1.1040ドルまで上昇 した。豪ドルは対米ドルで1984年以来の高値となる94.01米セントを記録。前 日は92.88米セントだった。南アフリカのランドはドルに対して、6.4294ラン ドと2006年5月以来の高値だった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた予想では、8日に開かれる欧州中央銀 行(ECB)の定例政策委員会では政策金利は4%で据え置かれ、イングラン ド銀行の金融政策委員会(MPC)も同金利を5.75%で据え置くとみられてい る。FOMCは10月31日にフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25 ポイント引き下げて4.5%に設定。金利先物市場の動向によると、12月に開か れるFOMC会合で追加利下げが決定される確率は70%となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE