クレディS:日本の全証取とシステム接続-投資家のDMA拡大要望で

スイスの銀行2位クレディ・スイス・グループの クレディ・スイス証券は8日、名古屋、福岡、札幌の3証券取引所と株式電子取引で システム接続した。株式売買注文を直接証取に出せる仕組み(DMA)の拡大を望む 機関投資家の要望に応える。日本の投資家にDMAが広がる契機にもなる。

この接続はテスト運用を終えて8日から顧客投資家の利用が可能になった。クレ ディSはすでに東京、大阪、ジャスダックの3証取とシステム接続しており、顧客は 国内全証取への株式取引の直接発注が可能になる。クレディSの資料によると、国内 のすべての取引所とシステム接続したのは同社が初。

DMA(ダイレクト・マーケット・アクセス)は証券会社のトレーダーを介さず に投資家が直接証取に売買注文を出すシステム。スピード、コスト、機密性に優れて おり、ヘッドファンドなどからの引き合いも強い。

米金融調査機関タブ・グループによるとクレディSは、DMAや、DMAを通じ て株式取引の最良執行を追求するアルゴリズム取引で世界シェア1位。

クレディSはアルゴリズムについても名古屋、福岡、札幌の3取引所に適用、国 内全取引所での導入を検討しており、トップシェアの一段の拡大を狙う。アルゴリズ ムは欧米で普及しており、日本でもすそ野が広がりつつある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE