リッチモンド連銀総裁:前回の利下げは「正当」、依然インフレを警戒

米リッチモンド連銀のラッカー総裁は7日、 ニューヨークでの講演後に行われた質疑応答で、10月31日に連邦公開市場委 員会(FOMC)が決定した0.25ポイントの利下げは正当な判断だったとの 見解を述べた上で、引き続きインフレへの警戒姿勢を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。