PIMCOのラバノ氏:資産担保証券のデフォルトは加速する見込み

債券ファンド最大手、米パシフィック・イ ンベストメント・マネジメント(PIMCO)の欧州戦略共同責任者、エマニ ュエレ・ラバノ氏は、金融市場の危機や新興市場などについて以下の通り発言 した。同氏は6日にブリュッセルで記者団に語った。

◎金融市場の危機について:

資産担保証券などで構成する債務担保証券(CDO)といった関連する投 資に悪影響が広がるため、「資産担保関連のデフォルト(債務不履行)とトラ ブルのペースが加速することになるだろう」

「構造が破たんし始めたとき、そのペースは非常に急速に加速するだろう」

◎新興市場について:

外部からのショックがこれ以上なければ、「十分力強い新興市場がそれ以 外の市場を安定化させる要因にはなり得る」

メキシコとブラジル、ロシア、タイ、インドに対しPIMCOが好ましい としている見方を変更することを「急いではいない」

◎金利について:

ラバノ氏は、米金融当局が利下げする必要があると述べた。

「利下げしなければ、危機は深刻化する。われわれの見方では、実質金利 が1%になるまで利下げが必要だ」

米フェデラルファンド金利誘導目標の3.5%までの引き下げは「功を奏す るかもしれない」

◎為替について:

「ユーロはドルに対し明らかに過大評価されている」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE