国内乗用車メーカー8社:海外販売増加で全社が営業増益-第2四半期

国内乗用車メーカー8社の第2四半期 (2007年7-9月)業績が7日出そろった。海外での販売増加に円安効果もあ って、本業のもうけを示す営業利益は全8社が増益、うち7社は同四半期の最高 益を更新した。これを受け、業績発表の約1週間前に修正した富士重工業を含む 5社が通期の業績予想を上方修正した。

売上高は、全8社とも同四半期の最高を記録、全体で前年同期比12%の増 収となった。営業利益は同15%の増益だった。純利益は、三菱自動車が同四半 期で初の黒字となったのをはじめ、ホンダ、富士重が2年ぶりの増益となった一 方で、日産自動車が同四半期で初の、またダイハツ工業が2年ぶりのそれぞれ減 益となるなど明暗を分けた。全8社合計の純利益の増益率は13%となった。た だ、第1四半期(4-6月)の8社合計実績の前年同期比14%増収、同21%営 業増益、同20%純利益増に対し、いずれの項目とも第2四半期は下回った。

ホンダは国内以外で販売を伸ばしたうえ、円安効果も加わって売上高、各段 階の利益ともに同四半期の最高となった。スズキも主力のインドをはじめとする アジアおよびその他地域での収益拡大により全項目で記録を塗り替えた。三菱自 は主力のアジア・その他地域の販売が同25%増となったのをはじめ、欧州もロ シアの急拡大で同23%増となり収益をけん引した。

一方、日産は海外販売が回復したことで営業利益が3年ぶりの増益に転じた が、前の年に比べて税金負担が増えたことなどにより純利益は減益となった。ダ イハツも小型車「テリオス」がアジアなどで好調に推移したことで売上高、営業 利益が同四半期の最高となったが、経常利益段階で売り上げと入金レートの換算 差による為替差損が生じたことなどにより、経常、純利益とも減益となった。

8社のうち5社が通期予想を上方修正

第2四半期までの業績を受けてトヨタ自動車をはじめとする5社が通期の見 通しを上方修正した。このうちスズキは、期初見込みに対する上半期の上振れ分 をそのまま反映して、純利益を従来予想に対し7.9%増額の820億円(前期比

9.3%増)とした。ホンダは売上高、税引き前利益予想を下方修正したが、純利 益は税金負担の軽減を受けて2.4%上方修正し6400億円(同8.0%増)を見込ん でいる。富士重は決算発表の約1週間前に通期見通しを上方修正した。期初の見 込みに対し海外販売が上振れていることなどを理由に純利益予想を6.3%増額し、 170億円にした。これにより前期比で当初50%を見込んでいた減益率が47%に 縮小する。

この結果、修正後の通期見通しの前期(07年3月期)実績に対する伸び率 は、売上高5.9%、営業利益3.5%、純利益4.5%となる見通し。一方、各社の 第1四半期決算発表時点の見通しと比較すると売上高で1.4%、営業利益が

1.9%、純利益は2.4%、それぞれ上方修正となる。

配当予想の引き上げも相次ぐ

通期見通しの上方修正とともに、配当予想の引き上げも相次いだ。ホンダは 通期純利益予想の修正に応じて第2四半期以降の配当予想を増額し、当初80円 を予定していた年間配当を86円に引き上げた。これにより前年に対しては19円 の増配となる見込み。またスズキも予想を2円引き上げ年16円配(前期は年14 円)とした。ダイハツは配当予想を出していないが、中間配を前期実績に対し1 円増配し7円とすることを決めた。またマツダは年間の配当予想6円は据え置い たものの、15年ぶりに中間配(3円を予定)を復活させる。

国内乗用車メーカー8社の第2四半期業績 (単位:億円、カッコ内は前年同期比増減%、▲は赤字額)

------------------------------------------------------------------
            売上高          営業利益         純利益
------------------------------------------------------------------
トヨタ     64,896(+11)      5,967(+2.7)      4,509(+11)
ホンダ     29,713(+13)      2,863(+48)       2,085(+63)
日産       26,180(+13)      2,187(+12)       1,201(-27)
マツダ      8,419(+7.0)       408(+1.7)        266(+29)
スズキ      8,343(+16)        383(+13)         217(+13)
三菱自      6,826(+31)        128(10倍)         26(▲9.9)
ダイハツ    4,152(+6.9)        94(+1.6)         38(-29)
富士重      3,906(+5.8)       154(2.1倍)        82(+17)
-----------------------------------------------------------------

    国内乗用車メーカー8社の通期見通し
(単位:億円、カッコ内は前年同期比増減%、下段は従来予想)
------------------------------------------------------------------
          売上高             営業利益         純利益
------------------------------------------------------------------
トヨタ    255,000(+6.5)     23,000(+2.7)     17,000(+3.4)
          250,000           22,500           16,500

ホンダ    123,000(+11)       8,800(+3.3)      6,400(-7.0)
          123,500            8,800            6,250

日産      103,000(-1.6)      8,000(+3.0)      4,800(+4.2)
                      = 期初見通しを据え置き=

マツダ     33,200(+2.2)      1,600(+0.9)        850(+15)
                      = 期初見通しを据え置き=

スズキ     33,300(+5.3)      1,450(+9.1)        820(+9.3)
           32,000            1,340              760

三菱自     27,000(+23)         700(+74)         200(2.3倍)
           24,300              510              200

ダイハツ   16,400(+0.2)        550(+1.2)        280(-19)
                    =第1四半期修正値を据え置き=

富士重     15,600(+4.4)        400(-17)         170(-47)
           15,500              350              160
-----------------------------------------------------------------
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE