トヨタ:通期予想は増額-第2四半期純利益11%増、海外販売増加(3)

世界2位の自動車メーカー、トヨタ自動車 が7日発表した第2四半期(2007年7-9月)の連結業績は、連結純利益が前 年同期比11%増の4509億円となった。アジアや中近東など新興国および欧州で の販売増加に円安効果も加わり、トヨタが米国会計基準で四半期業績の開示を始 めた03年度以降で同四半期の過去最高益を更新した。これを受けて通期の業績 予想を修正し、純利益は従来の1兆6500億円から1兆7000億円に増額した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。