首相:新テロ法案の修正「検討」-民主と早期給油再開合意なら(2)

福田康夫首相(自民党総裁)は7日午後の 衆院テロ防止特別委員会で、政府提出の新テロ対策特別措置法案について、 「仮に給油活動の継続、早期再開で合意できるのであれば、その具体的な道筋 について真剣に協議し、検討する」と述べ、自民、民主両党による早期活動再 開合意を前提に、法案修正の協議を行うことに前向きな考えを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。