ナブテスコ株が反落、通期増額も期待値未達-鉄道車両機器伸び(2)

産業ロボットの関節用減速機などを手掛け るナブテスコの株価が反落。前日比75円(3.9%)安の1862円まで下げ幅を広 げる場面があった。産業用ロボット向けなどの精密機器、鉄道車両関連などの輸 送用機器、航空・油圧機器といった主力事業がいずれも好調で、9月中間期決算 の内容は事前計画を上回った。併せて通期(08年3月期)業績予想を増額修正 したが、アナリスト予想の平均に届かなかったことから、売りに押される展開。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。