ソフトバンクが10月も首位、国内携帯契約純増数は15万8600件(3)

携帯電話国内3社が7日発表した10月末 の携帯電話契約件数によると、新規契約から解約を引いた増減数でソフトバン クモバイルが15万8600件の純増と6カ月連続でトップだった。家族間の通話 を24時間無料にする「ホワイト家族24」などの料金プランが好評で、好調を 持続した。

携帯電話国内最大手のNTTドコモは3万9100件の純増。2カ月連続で 純増となり、純増数も9月末の3万7500件を上回ったが、番号継続制度(M NP)による契約増減では3社で唯一、他社への転出が転入を上回る状況が続 いている。KDDIの10月末の携帯電話契約件数は13万3800件の純増。

ソフトバンクの内訳は、3G(第3世代携帯)が43万8500件の純増、2 G(第2世代)が27万9900件の純減。ドコモは3GのFOMAが75万5800 件の純増、2Gのmovaが71万6700件の純減。KDDIは、来年3月末に サービスを終了する2Gのツーカーが3万2200件の純減だった半面、3Gの auは16万6000件の純増だった。

ドコモは5月25日、追加料金を払うことにより電話番号とメールアドレ スを1つの端末でもう1つ持てる「2in1」サービスを開始している。2つ目 の番号・アドレスは統計数字には含まれていないが、ドコモによると「2in 1」サービスの月間純増数は1万5600件(9月は1万2800件)あった。

また、PHS最大手のウィルコムは、10月の加入数は2万3100件の純減 だったと発表した。9月は300件の純増。月末の加入者数は462万2400件だ った。

ドコモの株価は前日比4000円(2.3%)高の17万8000円、KDDIは同 1万3000円(1.6%)高の82万7000円、ソフトバンクは同110円(4.4%) 高の2610円(午後1時34分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE