NY原油:時間外で最高値、97.89ドル-暴風雨で北海の生産減少

ニューヨーク原油先物相場は、7日の時間外 取引で過去最高値を更新し、2日連続で1バレル当たり97ドル台に乗せた。北 海で発生した暴風雨の影響により、英BPと米コノコフィリップスの石油生産 施設の従業員が避難し生産が減少したことが買いにつながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。