ヤマダ電株は大幅反発、通期増額で年初来高値が視野-勝ち組の安心感

家電量販店最大手のヤマダ電機の株価が大 幅反発、一時前日比1060円(8.6%)高の1万3360円まで上げた。6日に発表 した9月中間期の連結決算によると、純利益は前年同期比31%増の226億円と なり、過去最高を更新した。今期業績予想も増額修正し、最高益を目指す可能性 を示唆しており、足元の好業績を確認する中で株価の先高期待も強まり、取引時 間中の年初来高値(1万3650円、7月5日)に迫る勢いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。