金現物相場:27年ぶりの高値水準、原油高受け-銀は26年ぶり高値

金現物相場は7日、27年ぶりの高値となっ ている。最高値を更新している原油高を受けインフレ懸念が強まっていることに 加え、ドルの下落が代替投資としての貴金属の魅力を高めている。銀現物も26 年ぶりの高値となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。