仏ソシエテGの7-9月期:12%減益、サブプライム関連で評価損(2)

フランスの銀行大手、ソシエテ・ジェネラ ルが7日発表した2007年7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比で12% 減益となった。米サブプライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン関連投資 の評価損が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。