7-9月期GDP、外需主導で2期ぶりプラス成長へ-内需は振るわず

今年7-9月期の日本の国内総生産(GDP) は、外需主導で2四半期ぶりに前期比プラス成長になる見込みだ。内需は改正 建築基準法の影響で民間住宅投資の落ち込みが目立った一方、外需はアジア、 欧州向け輸出が増加したもようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。