NY外為:ドルが対ユーロで最安値、景気不安で米利下げ観測強まる

ニューヨーク外国為替市場ではドルがユーロ に対して最安値まで下落。米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ロー ンのデフォルト(債務不履行)で金融機関の損失が拡大、連邦公開市場委員会 (FOMC)は今年3度目の利下げに踏み切るとの見方が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。