米ADM:7-9月期9.4%増益、小麦やトウモロコシ販売が増加(2)

穀物加工最大手の米アーチャー・ダニエル ズ・ミッドランド(ADM)が6日発表した2007年7-9月(第1四半期)決 算では、エタノール価格の低下で収入が圧迫されたものの、小麦やトウモロコ シ、大豆の販売増加がこれを補い、前年同期9.4%の増益となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。