首相:国会で何も決まらないのは許されない-民主との連携になお意欲

福田康夫首相(自民党総裁)は6日夕、民主 党との連立政権樹立を含めた協力関係の構築について、「連立という方法もある し、その前の段階で政策協議の場を作るとか、いろいろな方法がある。何もな くてお互いに主張を言い合って、国会で何も決まらないということが許される のか考えなければいけない」と述べ、同党との連携になお意欲を示した。首相 官邸で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。