ヤマダ電:中間純利益31%増、薄型テレビ好調-第2四半期37%増(3)

家電量販店最大手のヤマダ電機が6日発表 した9月中間期の連結決算によると、純利益は前年同期比31%増の226億円と なり過去最高を更新した。家電販売の主力となる大画面薄型テレビやパソコン (PC)などの販売が第1四半期に引き続き好調に推移したことが寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。