NY原油時間外:上昇-先週の米原油在庫は減少との観測広がる

ニューヨーク原油先物相場は、6日の時間外 取引で上昇している。米製油所の増産を受けて、米エネルギー省が7日発表する 先週の米原油在庫が3週連続の減少となるとの観測が広がった。

アナリスト調査によれば、先週の米原油在庫は、製油の1カ月ぶりの増加を 受け、前週比で170万バレルの減少が見込まれている。原油相場は1日、原油供 給の予想外の減少とトルコ・イラク国境地帯の緊張が高まったことを受け、1バ レル=96.24ドルを付けて最高値を更新した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場12月限は、6日の 時間外取引で一時、前日比88セント(0.9%)高の1バレル当たり94.86ドルを 付けた。シンガポール時間午前10時47分(日本時間同11時47分)現在、

94.83ドルで取引されている。5日は前日比1.95ドル(2%)安の93.98ドル だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE