米アライアンス・バーンスタインが東電の主要株主に-5.5%を保有

東京電力の主要株主に米国のアライアンス・ バーンスタインが躍り出たことが6日、明らかになった。アライアンス・バーン スタインが6日、関東財務局に提出した大量保有報告書によると、アライアン ス・バーンスタイングループは、10月31日までに合計7444万1073株を保有し、 発行済み株式に対する保有比率は5.5%となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: