菱食株が続落、メーカーの販促費抑制で利益率悪化-業績予想減額(2)

食品卸大手の菱食の株価が続落。一時前日 比65円(2.6%)安の2450円まで売り込まれ、1999年3月以来、8年超ぶりの 安値を付けた。原材料高などでメーカーが販売促進費を抑制したあおりを受け、 利益率が悪化している。5日の第3四半期決算発表時に通期(2007年12月期) 連結営業利益予想を28%減額修正したため、売り注文が優勢となった。午前終 値は2.2%安の2460円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。