洋ゴム株がストップ安売り気配、性能偽装が発覚-業績影響を警戒(2)

タイヤ製造国内4位、東洋ゴム工業の株価 が値幅制限いっぱいのストップ安まで気配値を下げている。国土交通省が5日、 同社が壁や天井などに使う硬質ウレタン製断熱材の耐火性能を偽装していたと発 表、これを嫌気した売りが先行している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。