中国のアリババ:日本とインド、台湾への進出を検討-ウェイCEO

中国最大の企業間オンライン取引サイトを 運営するアリババ・ドット・コムのデービッド・ウェイ最高経営責任者(CE O)は6日、日本とインド、台湾への進出計画などについて以下のように語った。

アリババは6日に香港市場に上場。株価は新規株式公開(IPO)の公開 価格(13.5香港ドル)の3倍近い39.50香港ドルで初日の取引を終えた。

◎日本とインド、台湾での拡大計画について:

「これら3つ市場での拡大を図っている。当社自身の事業を拡大するか、 他社との提携もあり得る」

◎台湾の鴻海精密との提携の可能性について:

「鴻海精密は当社のウェブサイトを部品調達に利用するかもしれない」

「台湾での提携先を探している。鴻海精密との提携の可能性を除外しな い」

「鴻海精密は当社の親会社とも提携について協議している」

◎年間利益5億ドル(約570億円)達成について:

「中国には4200万の中小企業があり、うち約200万は輸出企業だ。この 市場で、電子商取引を手掛ける企業が年間5億ドルの利益を達成することは容易 だ」

◎他の取引所に上場する可能性について:

「現在のところ、当社のような香港上場企業が中国で株式を発行すること は不可能だ。海外市場への上場を考えるのもまだ早い」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE