ドコモCFO:割賦導入で売掛債権8000億円増へ-株主還元には響かず

国内携帯電話最大手NTTドコモは、携帯 販売に割賦制を導入するのに伴い、7000億円から8000億円の売掛債権が新たに 発生し、現在の倍に膨らむ見通しを明らかにした。この分は基本的に現在のキャ ッシュフローでカバーする方針で、計画的に実施中の自己株買いなど株主還元策 への影響は出ないという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。