シティはルービン氏の危機対応能力に期待-一方で連帯責任を問う声も

米シティグループが新会長としてロバー ト・ルービン元財務長官(シティ経営委員会会長)に白羽の矢を立てたのは、 ウォール街と米政府の両方で危機対応の経験が豊富な同氏の力量が、シティを 現在の痛ましい境遇から救い出してくれるとの期待があるからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。