米サン・マイクロの7-9月期:4四半期連続で黒字、売上高も増加

サーバー・メーカーで世界3位の米サン・ マイクロシステムズが5日発表した2007年7-9月(第1四半期)決算は、 純利益が8900万ドルとなり、4四半期連続で黒字を達成した。経費削減や新 製品の発売が寄与した。

1株当たり純利益は3セントだった。前年同期は5600万ドル(1株当た り2セント)の赤字。売上高は前年同期比で約1%増の32億2000万ドルとな り、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の32億6000万ドルに届か なかった。

2006年4月に就任したジョナサン・シュワルツ最高経営責任者(CEO) によるサーバー部門とストレージ部門の統合や人員削減、新製品の発売が奏功 し、同社の通期利益は5年ぶりに黒字化した。顧客基盤を広げるため、同CE Oはソフトウエア「ソラリス」や「Java」の改良などにも着手した。

人員削減などの費用を除いたベースの1株利益は6セントとなり、アナリ スト14人の予想平均の3セントを上回った。

同社株は5日午後4時(日本時間6日午前6時)現在、前週末比11セン ト高の5.71ドル。年初来では5.4%高。同社は8月にティッカー・シンボルを 「SUNW」から「JAVA」に変更している。

同社の売上高の約半分を占めるサーバーの売上高は約1%増加し14億 8000万ドル。ストレージ製品の売上高は2.9%増の5億500万ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE