日本株は続落見通し、米金融不安残り銀行や輸出安い-資源軟調(2)

東京株式相場は続落する見通し。米サブプ ライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響に対する不安から、銀 行などの金融株や輸出関連株に売りが継続するとみられる。為替の円高傾向に よる採算悪化懸念も、輸出関連株の株価を押し下げることになりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。