米AIG、サブプライム関連で評価損40億ドルも-リーマンのゲルブ氏

米リーマン・ブラザーズ・ホールディング スのアナリスト、ジェイ・ゲルブ氏は5日発表した投資家向けリポートで、米 保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)がサブプラ イム(信用力の低い個人向け)住宅ローンの関連資産の評価損として40億ド ル(約4567億円)を計上する可能性があると述べた。

ゲルブ氏によると、40億ドルという評価損はAIGの通期1株当たり利益 にとって「重大な影響はない」。6月30日時点でAIGの投融資総額は計 8288億ドル。このうちサブプライム関連は326億ドルとなっている。AIGは 今月7日に2007年7-9月(第3四半期)決算を発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE