ロンドン外為:円が全面高-シティの評価損追加計上で円借り取引減少

5日午前のロンドン外国為替市場は、円が主 要16通貨に対し上昇している。米シティグループが信用力の低い個人向け住宅 融資(サブプライムローン)関連の投資損失で最大110億ドル(約1兆2600億 円)の評価損を追加計上する可能性があると発表したことが、円を借りて高金利 資産へ投資する円キャリートレード減少につながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。