首相:「新テロ法案固執せず」を否定、伊吹幹事長と会期延長協議(2)

福田康夫首相は5日昼、民主党の小沢一郎代 表が4日の記者会見で、民主党との連立政権ができるなら、首相は新テロ法案 成立にこだわらないと述べたことについて、「今のテロ新法をなんとか、可決し ていただきたい。インド洋における給油活動、これは国際協力の一環として是 非やりたい。一貫してそのように考えている」と語り、事実関係を否定した。 官邸で記者団の質問に答えた。

民主党の小沢代表との会談で連立の話しを持ちかけたのは福田首相からか、 との質問には、「お互いにそういうような気持ちが多少でもないと、そういうこ とにならない。あうんの呼吸、こんなところではないでしょうかね」と述べ、 明言を避けた。

また官邸で自民党の伊吹文明幹事長と会ったことについて、「大阪市長選挙 や国会の会期延長などいろいろな話があった。民主党の問題などもろもろの話 をした」と述べた。その上で、会期延長については、「基本的には党国対でよく 相談してほしいということだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE