米財務長官もサブプライム「行き過ぎ」の一員-ゴールドマン時代には

ポールソン米財務長官(61)は「昨日の行き 過ぎ」を繰り返さないために、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け) 住宅ローン危機について研究していると言う。この研究の対象には同長官自身 と、古巣の米投資銀行ゴールドマン・サックス・グループも含まれるのかもし れない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: