加バラード、燃料電池関連資産売却で独ダイムラーや米フォードと交渉

自動車用燃料電池最大手、カナダのバラー ド・パワー・システムズは4日、燃料電池関連資産の売却に関し、自動車大手 の独ダイムラーや米フォード・モーターと交渉していることを明らかにした。 同社は高い開発コストを売却の理由に挙げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。