中国化工と米ブラックストーン、豪ニューファーム買収合意-3160億円

中国の化学メーカー、中国化工集団(ケム チャイナ)は、世界最大の企業買収ファンド、米ブラックストーン・グループ と共同で、オーストラリアの農薬メーカー最大手のニューファームを現金30 億豪ドル(約3160億円)で買収することに合意した。

ニューファームがオーストラリア証券取引所に5日提出した資料によると、 1株当たりの買収価格は17.55豪ドルで、10月30日の株価終値を27%上回る ほか、同社による配当支払い分が1株当たり0.30豪ドル含まれている。

中国国有企業が海外企業買収に関して買収ファンドと手を組んだ例は、今 回が初めて。ニューファーム買収により、中国化工は世界全体で360億米ドル (約4兆1200億円)規模といわれる除草剤・殺虫剤市場に参入可能となる。

マッコーリー・グループは1日付のリポートで、「農業セクターは中国と インドの強い需要に支えられ、世界的に引き続き非常に良好な状態」と指摘し ている。ジョン・パーテル氏ら複数のアナリストが執筆した。

ニューファーム株は10月31日の取引では、1.74豪ドル(13%)高の

15.60豪ドルで終了。1998年7月以来の大幅高となっていた。同日の株式時価 総額は27億豪ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE