米シティ:プリンスCEOが辞任、ルービン氏を会長に指名(2)

米銀最大手シティグループは4日、チャール ズ・プリンス会長兼最高経営責任者(CEO)が辞任したと発表した。シティ は2007年7-9月(第3四半期)に、保有証券の評価損などで65億ドル(約 7450億円)のコストを計上し、株価は低迷していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。