豪中銀は利上げの公算、政策金利は6.75%に-7日に発表

オーストラリア準備銀行(RBA)は7日に、 政策金利を0.25ポイント引き上げると予想される。ハワード政権の選挙戦には 痛手となりそうだ。

ブルームバーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査では、27人全員が

6.75%への利上げを予想した。予想通りならば、総選挙から約3週間前の利上 げとなる。利上げは8月以来。

利上げは2004年のハワード首相の勝利以来で6回目となる。同首相は「過 去最低水準」の金利を維持するとの公約で選挙戦を制した。世論調査によると、 今回の選挙戦では野党有利の展開となっている。

1996年まで7年間RBA総裁を務めたバーニー・フレーザー氏はインタビ ューで、「中銀は利上げ以外に選択肢はない。景気は出力全開状態だ」として、 中銀が「選挙を考慮してはならない」と述べた。

10月24日に発表された消費者物価(CPI)指数によると、2007年7- 9月(第3四半期)のコアインフレ率は3.1%となり、中銀の目標の上限である 3%を超えた。金利スワップに基づくクレディ・スイス・グループの指数によ れば、市場は今週の利上げの確率を90%織り込んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE