小沢民主党代表が辞意、政治的混乱が生じたことにけじめ-会見(2)

民主党の小沢一郎代表は4日夕、都内の党 本部で会見し、「福田総理の求めによる2度の党首会談で、総理から要請のあっ た連立政権の樹立をめぐり政治的混乱が生じたことを受け、民主党内外に対する けじめとして民主党代表の職を辞することを決意し、鳩山由紀夫幹事長に辞職願 いを提出し、執行部をはじめとして、同僚議員に進退を委ねた」と述べた。

福田康夫首相(自民党総裁)と小沢氏は2日に会談。福田首相は小沢氏に 対し、自民、公明の連立与党に民主党を加えた「大連立」政権樹立を打診し、政 策協議機関の設置を提案した。小沢氏は同日夜の役員会で対応を協議したが、7 月の参院選の結果を踏まえると国民の理解は得られないとして、打診を拒否する ことを決定、首相に伝えた。

小沢氏は会見で、福田首相が安全保障政策について「極めて重大な政策転 換を決断された」と言明。具体的には、自衛隊の海外派遣は国連安保理、ないし 国連総会の決議によって設立、ないし認められた国連活動への参加に限り、特定 の国の軍事作戦の支援活動を行わないこと、新テロ特別措置法案については、連 立が成立するなら法案成立にこだわらないことを「確約された」と述べた。

役員から不信任受けたに等しい

小沢氏はそのうえで「これまでのわが国の無原則の安保政策を根本から転 換し、国際平和協力の原則を確立するものであるだけに、私個人はそれだけでも 政策協議を開始するに値すると判断した」と述べた。

小沢氏はさらに、民主党にとって次の衆院総選挙に勝利し、政権交代を実 現することが「最終目標」としながらも、「民主党はいまださまざまな面で力量 が不足しており、国民の皆様からも、自民党はだめだが、民主党も政権担当能力 はあるのか、という疑問が提起され続け、次期総選挙での勝利は大変厳しい情勢 にある」と言明。民主党が政権の一翼を担い、政権運営の実績を示すことが、 「民主党政権を実現する近道だと判断した」と語った。

小沢氏は「以上の考えに基づき、2日夜の民主党役員会で福田総理の方針 を説明し、政策協議を始めるべきではないか、と提案したが、残念ながら認めら れなかった。それは私を民主党代表として選任した役員の皆様から不信任を受け たに等しいと考えている」と言明。「多くの民主党議員、党員を主導する民主党 代表として、また、党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対し、けじめ をつける必要があると判断した」と述べた。

一議員として次の総選挙に

小沢氏は離党する考えはあるか、という質問に対しては「離党するなどと は言っていない。今後の政治活動についてはこれからゆっくり考える」と述べた。 辞意を決意したのは3日だったことを明らかにするとともに、「一議員となって も、次の総選挙には全力で投球する決意は変わらない」と語った。

小沢氏はまた、党首会談をめぐる報道について「全く事実に反するものが 目立つ。私の方から党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を呼 びかけたとか、果ては今回の連立構想について、小沢痴呆(ちほう)説なるもの までが、社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれも 全くの事実無根だ」と述べた。

読売新聞「小沢氏の方が持ちかけた」

選挙で政権交代を目指すとの従来の主張にもかかわらず、小沢氏が連立政 権構想を即座に拒否せず党に持ち帰ったことについて、民主党内に批判が出てい た。4日付の読売新聞朝刊は複数の関係者の話として「連立政権構想は、実は小 沢氏の方が先に持ちかけていた」と報道。小沢氏は会談の場で福田首相に対し、 民主党内を「『絶対にまとめます』と重ねて強調した」という。

小沢氏が自ら連立を持ちかけたことが事実であれば、民主党内での求心力 の低下は必至だった。民主党の菅直人代表代行は4日午前のNHKの番組「日曜 討論」で「次の衆院選で政権交代を目指すという方針で、小沢代表も含めて党が 一致してやっていたので、福田政権の下に入るという形になっては国民の皆様の 理解も得られないし、次の選挙をどういう形で戦えるか見えてこない」と語った。

――小沢氏の会見での冒頭の発言は次の通り。

「民主党代表としてけじめをつけるにあたり、私の考え方を申し上げる。 福田総理の求めによる2度の党首会談で、総理から要請のあった連立政権の樹立 をめぐり政治的混乱が生じたことを受け、民主党内外に対するけじめとして民主 党代表の職を辞することを決意し、鳩山由紀夫幹事長に辞職願いを提出し、執行 部をはじめとして、同僚議員に進退を委ねた」

「一つ、11月2日の党首会談で、福田総理は衆参ねじれ国会で、自民、民 主両党が重要政策を実現するために、民主党と連立政権を作りたいと要請すると ともに、政策協議の最大の問題であるわが国の安全保障政策について、極めて重 大な政策転換を決断された」

「そのポイントは、1、国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は、国連 安保理、もしくは国連総会の決議によって、設立あるいは認められた国連の活動 に参加することに限る。したがって、特定の国の軍事作戦についてはわが国は支 援活動をしない」

「2、新テロ特措法案は、できれば通してほしいが、両党が新しい協力関 係を確立することを最優先と考えているので、連立が成立するならあえてこの法 案の成立にこだわることはしない。福田総理はその2点を確約された。これまで のわが国の無原則の安保政策を根本から転換し、国際平和協力の原則を確立する ものであるだけに、私個人はそれだけでも政策協議を開始するに値すると判断し た」

「二つ、民主党は参院選で与えていただいた参院第1党の力を活用して、 マニュフェストで約束した年金改革、子育て支援、農業再生をはじめ、国民の生 活が第1の政策を次々に法案化して、衆院に提出しているが、衆院では依然、自 民党が圧倒的多数を占めている現状では、これらの法律を今成立させることはで きない。逆にここで政策協議を行えば、国民との約束を実行することが可能にな ると思う」

「三つ、もちろん、民主党にとって、次の衆院総選挙に勝利し、政権交代 を実現して、国民の生活が第1の政策を実行していくことが最終目標だ。私もそ のために民主党代表として全力を尽くしてきた。しかしながら、民主党はいまだ さまざまな面で力量が不足しており、国民の皆様からも、自民党はだめだが、民 主党も政権担当能力はあるのか、という疑問が提起され続け、次期総選挙での勝 利は大変厳しい情勢にあると考えている」

「国民皆様の疑念を払しょくするためにも、政策協議を行い、われわれの 国民第一の政策が取り入れられるのであれば、あえて民主党が政権の一翼を担い、 参院選挙を通じて国民に約束した政治を実行し、同時に政権運営の実績を示すこ とが、国民の理解を得て民主党政権を実現する近道だと判断した。政権への参加 は、私の悲願である政権交代可能な2大政党制と矛盾するどころか、民主党政権 実現を早めることによって、その定着を実現することができると考えている」

「以上の考えに基づき、2日夜の民主党役員会で福田総理の方針を説明し、 政策協議を始めるべきではないか、と提案したが、残念ながら認められなかった。 それは私を民主党代表として選任した役員の皆様から不信任を受けたに等しいと 考えている。よって、多くの民主党議員、党員を主導する民主党代表として、ま た、党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対し、けじめをつける必要が あると判断した。以上が私のコメントであります」

「もう一つ、中傷報道に厳重に抗議する意味において、私の考えを申し上 げる。福田総理との党首会談に関する新聞、テレビの報道は明らかに報道機関と しての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、私は強い憤りを持って厳重 に抗議したい」

「特に、11月3、4両日の報道は全く事実に反するものが目立つ。私の方 から党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を呼びかけたとか、 果ては今回の連立構想について、小沢痴呆(ちほう)説なるものまでが、社会の 公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれも全くの事実無根 だ。もちろん、党首会談に至るまでの経緯の内容について、私自身も、私の秘書 もどの報道機関から報道を受けたことはないし、取材の申し入れも全くない」

「それにもかかわらず、事実無根の報道が氾濫していることは、朝日新聞、 日経新聞等を除き、ほとんどの報道機関が政府、自民党の情報を垂れ流し、自ら 世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それにより、私を政治的に抹 殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な誹謗中傷 報道であり、強い憤りを感じる。このようなマスメディアのあり方は明らかに報 道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機だと思う」

「報道機関が政府、与党の宣伝機関となったときの恐ろしさは、亡国の戦 争に突き進んだ昭和前半を見れば明らかだ。また、自己の権力維持等のために報 道機関に対し、私や民主党に対する誹謗中傷の情報を流し続けている人たちは良 心に恥じるところがないか、自分自身によくよく問うていただきたい。各種報道 機関が一日も早く、冷静で公正な報道に戻られるよう切望する」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE