セブン銀:中間純利益は17%減の62億円、システム費用など経費増加(2)

セブン&アイ・ホールディングス傘下で現 金自動預払機(ATM)の決済事業が主力のセブン銀行が2日発表した2007年 9月中間期単体決算によると、ATMの設置拡大に伴い利用手数料は増えたも のの、システム開発費用などの経費増が響き純利益は前年同期比17%減の62 億円となった。07年度通期では同3.4%増の131億円を見込む。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。