メリル株急落-米紙がサブプライム損失関連で当局調査の可能性を報道

米証券大手メリルリンチの株価が連日で急 落。2002年4月11日以来、約5年7カ月ぶりの大幅な下落率となっている。 2日付の米紙ウォールストリート・ジャーナルで、サブプライム(信用力の低 い借り手向け)関連の損失処理について、メリルが会計ルールに反したかどう か規制当局が調査に乗り出す可能性があると報じられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。