首相が「大連立」打診-小沢民主は民意重視し拒否-党首会談決裂(6

福田康夫首相(自民党総裁)は2日午後か ら夜にかけて民主党の小沢一郎代表と就任後2回目の会談を断続的に行い、現 在の自民、公明の連立与党に、新たに民主党を加えたいわゆる「大連立」政権 の樹立を打診し、政策協議機関の設置を提案した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。