フランスの欧州問題担当相:ECBとの対立は終わった-レゼコー紙

2日付の仏紙レゼコーは、フランスのジュ イエ欧州問題担当相が、為替相場をめぐり仏政府と欧州中央銀行(ECB)と の間にあった意見の対立は解消されたとの認識を示したと報じた。同相はまた 銀行危機も終わったと述べたという。

同紙は、同相がインタビューで、「金利をめぐる対立は終わった。ECB は銀行危機にうまく対応している。為替レートをめぐる見方は一致した」と語 ったと伝えた。ユーロがドルに対し最高値を更新しているのは、「欧州の問題 ではなく」、米国の問題だとも指摘したという。

同紙によれば、同相は、フランスが次に欧州連合(EU)の議長国を務め るときは、「インフレ、エネルギー政策、為替レート、金融安定性」について 協議するよう加盟国に促すとも話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE