ヤマダ電:首都圏最大級の大型店開業、都心進出第2弾-駅前攻略

家電量販店最大手のヤマダ電機は2日、東京 都内のJR大井町駅前に大型店舗「LABI(ラビ)品川大井町」をオープンし た。同社による東京都心部への進出は、7月に開店した池袋店に続き2店目とな る。

ビックカメラやヨドバシカメラ(本社・新宿区)など駅前立地の家電販売店 に対して、郊外を中心とした従来からの店舗展開を都市型へと広げる戦略がより 具体化したことで、今後は首都圏駅前での国内家電量販店の競争が一段と激化す る。

新店舗はマルイ大井町店跡に入居、地下1階地上8階建てで「デジタル館」 と「生活館」2館構成。売り場面積は約1万8000平方メートル、取り扱い商品数 は約100万点。ヤマダ電機の山田昇社長は1日の会見で、同店舗の初年度売上高 は「300億円を見込む」と述べ「都市型店舗の旗艦店と位置付けている」と強調し た。

JR京浜東北線や東急大井町線などが交錯する交通の利便性の高いターミナ ル駅前に位置し、秋葉原のヨドバシカメラ店をライバル店と見据え、首都圏の顧 客を取り込む狙い。

秋葉原進出も視野

ヤマダ電機は、今年に入り6月に家電量販チェーンの持ち株会社ぷれっそホ ールディングスの株式を取得し傘下のサトームセン、マツヤデンキなどを連結子 会社としている。山田社長は、今後の事業戦略について、秋葉原に必ずしもこだ わることはないと断ったうえで、「秋葉原のサトームセン店舗をどうするか現在 検討中」とし、電気街の象徴的な秋葉原にもヤマダ電機の看板を掲げることが視 野に入っていることを明らかにした。

また、同社は9月には東京新橋駅前で「キムラヤ」のブランドで店舗展開す るキムラヤセレクトを買収するなど、企業買収にも積極的な姿勢を示し、首都圏 への足場を着々と築いている。

家電量販店業界の今後は3+2

山田社長は新橋駅付近を強化し、ビックカメラの牙城をさらに切り崩す戦略 を加速する考えだ。買収したキムラヤセレクトの新橋の店舗2店をヤマダの看板 に変え年内に開業する方針。さらに新橋駅銀座口の近くにこれらとは別に新店舗 を来年中に構える計画で、ビックカメラ有楽町店の包囲網を構築する。

山田社長は「国内の家電量販店は3社に集約される見通し」との従来の主張 について改めて説明、「3社となるだろうが、そこにはカメラ店は含んでいな い」と語り、将来業界はヨドバシカメラ、ビックカメラを含む大手5社程度に集 約されるだろうとの見方を示した。ただ、ヤマダ電機は、同業他社の株式取得に ついては、ベスト電器以外を現在買い付ける方針はないとして、当面は自社展開 を積極的に行いながら中長期にベスト電器を取り込む2段構えの姿勢を維持する 方針を示した。

ヤマダ電機は既に渋谷にも土地を獲得済みで、今後も首都圏での家電販売競 争の手を緩めない。同社は年2、3店舗を出店し、将来は売上高3兆円に挑戦す る。同社は6日に9月中間業績を発表する予定。

ヤマダ電の株価は前日比410円(3.4%)高の1万2500円、ベスト電器は同 29円(3.5%)高の870円、ビックカメラは同700円(0.9%)安の7万4500円。 (午後零時48分現在)

--共同取材 堤 紀子 Editor:murotani,okubo(sgm/kok)

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 松田潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

Kiyotaka Matsuda

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE