ベスト電:独立路線の方針に変わりない-ヤマダ買い増し意向受け(3)

家電量販店最大手ヤマダ電機が1日にベスト 電器との関係を構築するため同社の株式を4割超まで買い増す考えを示したのを 受けて、ベスト電器の浜辺雄治・執行役員は2日、ブルームバーグ・ニュースに 対して、「独立路線をとる方針になにも変わりはない。また、ヤマダ電機から話 し合いの連絡なども現在のところはない」として、両者の協議が進んでいないこ とを明らかにした。

ヤマダ電機の山田昇社長は1日、都内で開いた会見で、ベスト電器の株式を 4割超まで買い増す考えを明らかにし「われわれは資本の論理に従って投資家と 相談して動く」と述べたが、同時に時間をかけて進めていくとして、急いで何ら かの行動をベスト電に起こすものではないとも言及した。

ヤマダ電機は同日午前9時50分、「一部報道機関においてベスト電器の株式 を一定割合まで買い増すとの報道が行われているが、現時点では当社として報道 されているような具体的な意思決定は行っておらず、純投資として、また、提携 についても、状況に応じて検討していくという姿勢に変わりはない」とのコメン トを発表した。

提携、粛々と進めるのみ

ベスト電器の工藤隆志・経営企画部長は同日、ブルームバーグ・ニュースの 電話インタビューで、ヤマダ電機の声明の内容と昨日の会見での発言に関する報 道の違いに「とまどいを覚えている」と語った。続けて「われわれはビックカメ ラとの具体的な事業提携の結果を出すことを粛々と進めるのみ」と答え、早けれ ば、共同商品開発や物流面では今月にも一部成果が出るとの認識を示した。

東京証券取引所は2日、ベスト電器株の売買を一時停止したが、ヤマダ電機 のコメント発表を受けて午前10時21分から再開、午前10時48分現在で前日比 40円(4.8%)高の881円で取り引きされている。ヤマダ電は前日比420円 (3.5%)高の1万2510円、ビックカメラは同200円(0.3%)安の7万5000円。

--共同取材 堤 紀子 Editor:murotani(kok/sgm)

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 松田潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

Kiyotaka Matsuda