額賀財務相:数字のことを考える段階ではない-今年度補正予算

額賀福志郎財務相は2日午前の閣議後会見で、 2007年度補正予算について「今の時点でまだ数字のことを考える段階ではない」 との認識を示すとともに、来年度予算編成に向けて「ばらまきではなく、財政 規律を守る」との考えをあらためて示した。

また、サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響で米 国の株式市場が急落したことを受け、「サブプライム問題が米国経済にどのよう な影響を与えるのか、注意深く見守っていかなければならない」と強調した。

原油高騰が経済に与える影響については、「実体経済にどのように影響を及 ぼすのか見守っていかなければならない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE