財務省:9月税収は前年比4.6%減-地方へ税源移譲で所得税減少続く

財務省が1日発表した2007年度一般会計の 9月の税収実績(同月末現在)は、前年同月比4.6%減少した。今年6月からの 国から地方への税源移譲の影響で所得税が引き続き減少したことなどが要因。 8月末までの税収累計は14兆591億円で、07年度当初予算の見込み額53兆4670 億円に対する進ちょく率は26.3%となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。